SOGIハラから考える人間の性の難しさ

スポンサーリンク

Twitterのトレンドを見ていると、不定期にLGBTの話題を見かける。

同性愛者やトランスジェンダーを指す言葉だが、いまでは名称も変化しつつあるらしい。Qが増えてLGBTQになっていたり、+がついたり、 あるいはSOGI(ソジ)と呼ばれる新しい概念が誕生していたり。

LGBTQとは、強引に一言で言ってしまえば「身体と心の性が一致した異性愛者」以外の人たちのことだ。

ただこの概念は、特定の特徴を持つ少数を多数から区別するための言葉であり、特殊な立ち位置にいる人たちという印象を与えることに繋がりかねない。

それだとまずいよね、ということで、すべての人が含まれるSOGIという概念が生まれたらしい。こちらは「性的指向と性自認」を意味し、異性愛などを含めたすべての人類が持つ性に関する特徴をあらわしているのだそう。

今回、このSOGIがTwitterで話題になったのは、企業におけるハラスメントがきっかけだ。

トランスジェンダーの会社員が、上司から執拗に性自認に関わる攻撃を受け続け、うつ病となった。このことが労災として認定されたらしい。

トランスジェンダー云々以前に、他人の名誉を傷つけて精神的に追い込む行為は、相手がセクシャルマイノリティだろうがなかろうがやってはいけないことである。本人が「嫌だ」と明言しているんだから。

今回の件はたまたま被害者がトランスジェンダーだったにすぎない。

少数派に向けられる厳しい目線

この手のセクシャルマイノリティにまつわる話題に出てくるたび、Twitterでは手厳しい意見が投稿される。

よくあるのが、同性愛者に対しての「同性愛は病気だ。異性愛に矯正すべきだ」や、トランスジェンダーに関する「自分は女性だから女性更衣室を使わせろなんて横暴だ。もし性自認を偽る輩が出てきたらどうするんだ」あたりだろうか。

こういった意見を見ると、ちょっと首をかしげたくなる。

シスジェンダーや異性愛者が、マイノリティの置かれた状況を想像するのは難しい。けれど、自分の身に置き換えてみると少しはわかる部分も出てくる。

たとえば、もし女性が恋愛対象の男性が、「今日からおまえは男を好きになれ」と言われたらどうだろう。おそらく「いやいや絶対に無理でしょ」となるはずだ。仮に当人が頑張ったところで、恋愛対象の変更は意思だけでどうにかできるものではない。

身体も性自認も女性である人が、「今日からあなたは男性更衣室で着替えてもらいます。トイレも男性用のほうで」と言われたら、はたして「はいわかりました」と素直に従うだろうか。答えは否である。ほぼ間違いなく抵抗するだろうし、完全にハラスメントである。こんなことを要求しようものなら一発アウトだ。

同性愛者やトランスジェンダーに対し「異性を好きになれ」「身体の性に従え」と要求するのは、こういうことを言っているのと同じなんだと考えると、けっこうな暴論のように聞こえてくる。

多様性を認める

社会でシスジェンダーや異性愛者は誰からも問題視されないのに、トランスジェンダーや同性愛者となるとなにかと不利益を被るのが現在の社会だ。

「おまえ男なのに男が好きなの? 変なの」と言われることはあっても、「おまえ男なのに女が好きなの? 変なの」と言われることはない。

このセクシャルマイノリティとそうでない人との差をなくしたいというのが、セクシャルマイノリティにかかわる人々の想いだろう。

ではどうすればいいのか。一番は、さまざまな考え方感じ方があることを認めて相手を尊重することだ。

セクシャルマイノリティを受け入れられないことを「そういう考えもあるよね」と認め、マジョリティとは違った性的指向、性自認を持つ人々がいることを「そういう人たちもいるよね」と認める。

自分と違うから「おまえはおかしい」と否定しないで、相手のありのままを受け入れる。

個性を否定し、マジョリティまたはマイノリティに同化するよう自分の考えを押しつけることをしない。反りが合わないと思ったら距離をとる。

このような多様性を認める考えを実践していけば、心ない差別を減らしていくことが期待できそうだ。

身体の性VS.心の性

けれど、多様性を尊重するだけでは解決しない問題も世の中にはあると思う。

たとえば、身体の性が男性で心の性が女性の人が女子更衣室を使いたいとなったとき、「身体の性は男なんだから男子更衣室を使え」VS.「心の性は女なんだから女子更衣室を使いたい」という意見の衝突が生まれる。

こうなったらどっちかが折れるしかない。そして大体の場合、「どっちの意見も大切だよね。でも社会はマジョリティに合わせて作られてるから、マイノリティは我慢してね」的な流れで少数派が身を引くことになる。

この問題は、いまの社会、すなわちマジョリティ側が「身体の性」を重視しているから起こっていると考えられる。

外からでは判断できない「心の性」よりも、一目見ただけで判断できる「身体の性」で区別するほうが、手間もかからないし誰にとってもわかりやすい。

だから「心の性」なんていう曖昧なものは無視される傾向にある。

その結果、マジョリティは自分の心に沿って生きられるけど、マイノリティは自分の心に嘘をついて生きることを強いられる。

「身体の性」に重きを置くマジョリティと、「性自認(心の性)」に重きを置くマイノリティ。

結局のところ、多様性の尊重はされても、ひとたび意見が衝突すればたいてい勝つのは多数派だ。マジョリティからすれば少数派に合わせるほうがおかしいと感じるし、マイノリティからすればそれが許せないんだろう。

両者の対立は、たぶんずっと平行線のままな気がする。性自認が簡単にわかるようになる技術が登場すれば、また話は違ってくるのかもしれないけど。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました