書評

『早朝始発の殺風景』青崎有吾(著)感想

青春ってきっと、気まずさでできた密室なんだ。『早朝始発の殺風景』 178頁 場面転換なしのワンシチュエーション&リアルタイム進行で紡がれる五つのミステリ。 著者は『体育館の殺人』で鮎川哲也賞を受賞した青崎有吾あおさきゆうご先生...
書評

『予言の島』澤村伊智(著)感想

島で六人の人間が死ぬ――。とある霊能者が予言が残した島で連鎖する不可解な死。これは本当に呪いなのか? 身の毛もよだつ真相が待ち受ける、ホラーミステリ小説です! 澤村伊智先生の著作のうち、「比嘉姉妹シリーズ」以外の本を読...
書評

『シンデレラ城の殺人』紺野天龍(著)感想

「大姉様、落ち着いてください。人間は大昔から飢餓の生活に耐えてきたのです。一食くらい抜かしたところで死にはしません」「あたしは死ぬのよ!」「つまり論理的に言えば、大姉様はいよいよ人間ではないと」『シンデレラ城の殺人』 12頁 殺され...
書評

『ぬばたまの黒女』阿泉来堂(著)感想

阿泉来堂(あずみらいどう)先生が描くホラー小説第2弾。 北海道の寒村を舞台に、恐るべき怪異が主人公たちを襲います。 「罪」と「許し」がテーマの本作では、怪異に巻き込まれるうちに主人公たちの秘めたる罪が明らかになっていきます。 ...
書評

第13回書き出し祭り感想

書き出し祭りとは、「誰の書き出しが一番読者を魅了し、序盤でひきつけられるのか!?」という主旨のもと立ち上げられた企画です。 四つにわかれた会場のうち、第一会場に掲載された25作品と、依頼のあったの作品の感想を書きました。基本、良かっ...
書評

『楽園とは探偵の不在なり』斜線堂有紀(著)感想

突如、天使が降臨した世界。殺したのが一人であるならば見逃されるが、二人殺せば地獄行きになるという、新たな法則に縛られた世界で起こる連続殺人。 特殊設定を活かした斜線堂有紀先生の描く本格ミステリ小説です! 閉ざされた孤島、館で起...
雑記

「いいね」したのにTwitterから消えたツイートを見る方法

Twitterで面白いツイートがあったときに押す「いいね」。そんな「いいね」ですが、「いいね」したはずのツイートがいつの間にか消えていることがありませんか? この記事では、「いいね」したのにTwitteから消えてしまったツイートを見...
書評

『探偵くんと鋭い山田さん2 俺を挟んで両隣の双子姉妹が勝手に推理してくる』玩具堂(著)感想

可愛いだけじゃなく頭脳も冴える、そんな山田姉妹が活躍する学園ミステリーラブコメ、第2弾です。 1巻が面白かったので急いで購入してきました。 前作同様、事件とまでは言えない日常の謎を解き明かしていく物語。 小難しい話は出て...
雑記

無職5ヶ月目、ちょっとヤバいかも

職を辞してからはやくも5ヶ月が経ちました。 時の流れの速さにびっくりしています。まさに光陰矢の如し。この調子だとあっという間に12月になり年が変わりそう。そしてあっという間に新年度に突入しそう。もはや恐怖。 恐怖と...
書評

『探偵くんと鋭い山田さん 俺を挟んで両隣の双子姉妹が勝手に推理してくる』玩具堂(著)感想

こんにちは、ライムです。 本日紹介するのは、高校を舞台にした学園ラブコメミステリー小説、『探偵くんと鋭い山田さん 俺を挟んで両隣の双子姉妹が勝手に推理してくる』です! 本書は、日常のちょっとしたトラブルを解決する、いわゆる“日...
タイトルとURLをコピーしました