2020-01

くらし

飲みニケーションとか言っている人に物申す

忘年会シーズンが終わったと思ったら、今度は新年会。 いやもう、毎回思うけど、社会人ってほんとみなさん飲み会好きね。 どうしてそんなに飲みたいと思うのか、謎すぎる。理解が及ばない。 お酒を飲んでもぜんぜん爽快な気分になれな...
くらし

テレビの大画面でYouTubeを見る

テレビを買い替えた 先日(元日)、無線LAN機能付きのテレビに買い替えたんですが、使ってみて衝撃を受けました。もっとはやくにこの機能を持ったテレビを買っておけばよかった……! YouTubeをテレビの大画面で見れるなんて最高す...
書評

第18回「このミステリーがすごい! 大賞」大賞受賞作『紙鑑定士の事件ファイル  模型の家の殺人』歌田年(著)/感想

あらすじ どんな紙でも見分けられる男・渡部が営む紙鑑定事務所。ある日そこに「紙鑑定」を「神探偵」と勘違いした女性が、彼氏の浮気調査をしてほしいと訪ねてくる。手がかりはプラモデルの写真一枚だけ。ダメ元で調査を始めた渡部は、伝説のプラモ...
くらし

ホノルルマラソンに参加した友人の話

突然ですが、以下のことわざをご存知でしょうか。 千里の道も一歩から 耳にたこができるぐらい、聞き慣れた言葉ですよね。 コツコツ努力すればいずれ大きなことを成し遂げられるよ! という老子先生のありがたい教えです。何千年も前...
くらし

子どもを産めずに悩む女性――精子バンクは希望の光になり得るのか

ネットの海で見つけた記事 ネットニュースを見ていたら、なかなかパンチの効いたタイトルが目に入ってきました。 それがこちら↓『精子もネット注文の時代?!』 まさに、THE・人目を引くタイトル。このタイトル見て中身が気になら...
書評

『性風俗シングルマザー 地方都市における女性と子どもの貧困』感想/風俗がセーフティーネットとしての役割を果たす国、日本

本書では、とある地方都市に住むシングルマザーに焦点を当て、彼女たちを取り巻く環境、家族、制度に潜む問題を浮き彫りにしています。 記事の最後には、生活していく上で困ったときに相談できる窓口をいくつか載せておきます(本書の中でも触れられ...
書評

『ケーキの切れない非行少年たち』感想/なぜ非行に走るのか、その衝撃の事実

あらすじ 児童精神科医である筆者は、多くの非行少年たちと出会う中で、「反省以前の子ども」が沢山いるという事実に気づく。少年院には、認知力が弱く、「ケーキを等分に切る」ことすら出来ない非行少年が大勢いたが、問題の根深さは普通の学校でも...
タイトルとURLをコピーしました