外出先での文章作成に便利! おすすめワイヤレスキーボード

くらし

家では集中できないから、外で文章を書きたい。

でもノートパソコンは意外と重いし、バッテリー切れに備えて充電器も持っていったらけっこうかさばるから、もっと軽くすませたい。

そんな悩みを持ったことはありませんか?

小説を趣味で書いている私も、以前まではノートパソコンを持って近くのカフェで文章を書いていました。

電源をつけて、立ち上がるのを待ち、文章ソフトを立ち上げる……

文字を打ち込むだけなのにパソコンを丸々一台持って移動するのは、なんだかしっくりきていませんでした。

常に持ち歩いているスマホで文章を手軽に書けないかな

スマホだけでもフリック入力ができますが、あれって慣れないとよく打ち間違えますし、長時間続けるのはけっこうしんどいですよね。

そんなとき見つけたのが、ワイヤレスキーボードです。

これがあれば、スマホの文章執筆がだいぶ楽になります!

スマホやタブレットではフリック入力でも文字は打てますが、やはりキーボードによる入力のほうが安定している上にはやくて快適です。

パソコンに慣れている方ならなおさらでしょう。

この記事では、私が愛用しているエレコム製のBluetooth超薄型ミニキーボード「TK-FBP100BK」についてご紹介します!

こんな人におすすめ!
  • ワイヤレスキーボードを使ったことがないから、手ごろに始めたい
  • スマホでもっと素早く文字入力をしたい
  • ノートパソコンに慣れているから、同じキー配列のものを使いたい
  • タイピングミスに煩わされたくない
  • 数字入力をあんまりしない

特徴

電源を入れるだけですぐに立ち上がる

パソコンだとアップデートやらなにやらで時間を食うことがありますよね。

文章を一つ作成するだけなのになんでこんなに待たなければならないんだと苛立つこともあるでしょう。

ワイヤレスキーボードなら、スイッチをOFFからONにするだけで、すぐに使えるようになります。

電源が入っているか入っていないかも非常にわかりやすいので、使用しないときの電池の消費を防止することも可能です。

電池式なので外出先でも安心

充電式だと、もし外出先にコンセントがないと困りますよね。

電池式であれば、電池を持参、あるいはコンビニ等で購入すればすみますので、バッテリー切れに悩まされることもありません。

キーの配列がパソコンと同じ

キーの配列が標準的なパソコンと同じ並びのため、パソコンと同じ感覚でタイピングすることができます

また、ひらがな入力、半角英数字入力も、キーひとつで切り替え可能なので、とても便利です。

軽い

本製品の重さは約374g。

私の持っている13.3インチのノートパソコンの重さはだいたい1.25kgですから、比べればキーボードがいかに軽いかがわかります。

めちゃくちゃ持ち運びしやすいです。

キーピッチが十分広い

本製品のキーピッチは19.0mmあります。

標準的なキーピッチはだいたい19mmとされており、18.0mm未満だとタイピングに窮屈な感覚をおぼえたりミスタッチが生じたりします。

その点、この商品は19.0mmありますので、タイピングがしづらいということがありません

ノートパソコンに慣れている方でも、キーの配列が狭いと感じることはないでしょう。

エレコム製には、この商品以外でもスマホを立てかける部分のついたものや、保護ケースのついたものも販売されています。

しかし、そちらはキーピッチが17.5mm、17.2mmとなっていたので、付属機能とキーピッチとを天秤にかけた結果、私はキーピッチに余裕のある製品を購入しました。

Bluetoothに対応

キーボードとスマートフォン、タブレットなどをペアリングさせることで、ワイヤレスでも使用できるようになります。

ケーブルが邪魔になることもなければ、いちいちUSBレシーバーを差し込む手間が必要になることもありません。

たまに、ワイヤレスだと有線ケーブルによる接続と比べてタイムラグが生じることがあると聞きます。ですが、このキーボードを利用して反応が遅いと思ったことはありません。

キーの入力から画面上の文字の表示までタイムラグが生じないので、まったくストレスを感じることなく、文章を書き続けられています

スマホをたてかけるスタンドは別途必要

私が使っているこの製品には、スマホなどを立てかけるスタンド機能がついていませんので、別途用意する必要があります。

とはいっても、そんな高いものは必要なくて、100円ショップで売られているスマホ用のスタンドで十分です。

私はSeriaで購入しました。

ケースも別途必要

本製品にはケースが付属していないため、もし剥き出しのまま鞄にいれるのに抵抗がある場合は、別途同程度のサイズのケースを購入する必要があります。

テンキーはなし

数字入力を多く必要とする方には、この製品だと物足りないかもしれません。

おわりに

半年ぐらい使っていますが、いまのところ不便だと思うところはありません。

ノートパソコンによる執筆スタイルから、スマホとワイヤレスキーボードによる執筆スタイルに変えて以来、執筆速度も上がりました。

動画などを見るためには、いちいちキーボードから手を離してスマホを操作しなければならないため、執筆中も意外とほかの誘惑に負けることがありません。

ワイヤレスキーボードは、スマホやタブレットと非常に相性のいいガジェットと言えます。

スマホ用にはじめてワイヤレスキーボードを使ってみたいという方はぜひ参考にしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました