【RPGツクールMZ】イベントの移動ルートに機能を追加できるプラグイン紹介

ツクール

RPGツクールの標準機能では、キャラクターの移動は歩く(走る)かジャンプ、透明度の変化ぐらいしかありません。これだけだとちょっと味気ないですよね。

キャラクターの動きのバリエーションが増えれば、それだけ表現の幅もぐんと広がります。

今回は、キャラクターの移動ルートで簡単なアクションを追加できるプラグインを3つご紹介します。

どのプラグインも、必要なコードをスクリプト欄にコピペするだけの簡単なものですので、導入後にすぐ使えます。

  • 紹介しているプラグインは製作者様ごとに利用規約が異なります。必ず利用規約を確認の上、ご利用ください。
  • プラグインの導入、利用は各自の責任のもと行ってください(プラグイン導入で問題が起きた場合は責任を負えません)。

FesSpin(回転移動)

製作者:あわやまたな様

プラグインは下記のリンク先からダウンロードすることができます。

キャラクターが回転しながら移動できるようになります。

詳細はプラグインのヘルプまたは製作者様のホームページをご覧ください。

EasyAction(回転、揺れる、バックジャンプ、角度変更など)

製作者:あわやまたな様

プラグインは下記のリンク先からダウンロードすることができます。

本プラグインを導入することで、下記の機能をイベントの移動ルートに追加することができます。

  • 回転
  • 揺れる
  • ジャンプ
  • 後ずさり
  • バックステップ
  • イベントの角度

回転

その場でキャラクターが回転します。

風車の羽根など、円形のキャラクターを回転させるのに使えるかもしれません。

回転

揺れる

その場でキャラクターが小刻みに揺れます。

怯えて震えている表現などに使えそうですね。

揺れる

ジャンプ

その場でキャラクターがジャンプします。

ツクールの移動ルートにある「ジャンプ」で「X:0」「Y:0」を選択したときと同じ挙動です。

ジャンプ

後ずさり

キャラクターが後退します。

ツクールの移動ルートにある「一歩後退」と同じ挙動です。

後ずさり

バックジャンプ

キャラクターが向きを変えずに一歩後ろにジャンプします。

ツクールの移動ルートでも「向き固定ON」および「ジャンプ」を選択すれば似たような動作は可能ですが、たとえばプレイヤーが話しかけた際にプレイヤーから離れるようにバックジャンプさせるには、プレイヤーの向きによって条件分岐させなければならないため、意外と実装に手間がかかります。

その点、本プラグインはスクリプトコードを1行入力するだけですみますので簡単です。

イベントの角度変更

イベントグラフィックの表示角度を変更します。

下記の画像はthis.easyAngle(45)と入力した場合のものです。

45度に変更

詳細はプラグインのヘルプまたは製作者様のホームページをご覧ください。

EventEffects(色合い変化、上下反転、フキダシアイコン表示など)

製作者:神無月サスケ様

EventEffectsは、RPGツクールMZの本体に付属しているプラグインです。

既定だと、C:▶Program Files▶KADOKAWA▶RPGMZ▶dlc▶BasicResources▶plugins▶launchに入っています。

本プラグインを導入することで、主に下記の機能を追加できます。いずれも移動ルートのスクリプト欄にコードを記入するだけです。

  • 色合いの変更
  • 不透明度の変更
  • フキダシアイコン表示
  • 上下反転
  • 角度設定
  • オフセット(位置補正)設定
  • オフセットの相対設定
  • プライオリティ変更
  • クロスフェードさせてキャラ画像変更
  • 視点範囲を制限したオフセット指定

色合い変化

イベントのグラフィックの色合いを変化させます。

色や変化するまでの時間を設定可能。

下記の動画は、this.tint([255,255,255,0], 60, true);と入力した場合のものです(60フレームで真っ白に変化)。

フキダシアイコン表示

イベントの頭上にフキダシアイコンをループ表示させます。

なお、フキダシアイコンのループ表示については、プラグインを導入しなくても設定が可能です。

詳細は下記の記事をご覧ください。

上下反転

イベントグラフィックの上下が逆さまになります。

オフセット(位置補正)設定

イベントの表示位置をずらします。

下記の画像は、左が通常時、右が女性キャラクターの移動ルートでthis.setOffsets(10,-20);を設定したときのものです(X右方向に10、Y左方向に-20移動)。

タルや花のマップチップをイベントとして置き、位置をプラグインでずらすことで、より自然なマップを作ることができそうです。

詳細はプラグインのヘルプをご覧ください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました