いま話題の「大人の原稿執筆パック」に行ってみた@湯河原

イベント

SNS上で見かけ、ずっと気になっていた「大人の原稿執筆パック」。

期間限定で大幅値引きがされていたことが後押しとなって、宿泊2日前という直前に、予約ボタンをぽちり。2泊3日で行ってきました。1泊2泊のプランもあったんですけど、そちらだとちょっと短いかなあ、と思ったゆえの期間設定です。

実は私、いまとある新人賞に応募する原稿を作成しているんですけど、締切まであと何週間もないにも関わらず、いまだ完成していないというぽんこつぶりを発揮していまして。なんとか集中して執筆したいと焦っていたところだったので、こちらのプランはまさに渡りに船でした。

場所は、神奈川県湯河原町にある、The Ryokan Tokyo YUGAWARA

大人の原稿執筆パックとは?

その名の通り、部屋にこもって原稿を進める宿泊プランです。

設備やサービスとしては、

  • コーヒー飲み放題
  • 湯河原源泉掛け流しの天然温泉
  • 白黒プリンター利用可能
  • wi-fiあり
  • 電源タップ
  • 充電コード、アダプター貸出
  • 卓上ライト貸出
  • スタッフによる進歩確認(希望制)
  • スタッフによる感想のお伝え(希望制)

旅館の周囲には本当に何もなく(あるのは坂ばかり)、観光地特有の、遊びに出かけないと、という誘惑にかられることもありません。

布団を敷くのもセルフサービスで、旅館のスタッフが部屋に入ってくることもありませんので、どれだけ散らかしていても大丈夫です笑

1日目

チェックインまで

15時20分、湯河原駅に到着。

持ち物は少なめです。小ぶりのリュックに収まるぐらい。

持って行ったものは、

着替え(部屋にこもるので必要最低限)、パソコン、充電コード、スマホ、以上。

湯河原駅からは無料の送迎バスが出ています。部屋を予約する際に、バスも一緒に予約をすることができますので、公共交通機関で来た方はこちらを利用することをおすすめします。

The Ryokan Tokyo」とロゴの入った 紺色のハイエースに乗り込み、いざ出発。

ここの時点ですでにおひとりさまがほかにも乗車していたので、少し安心しました笑

バスに10分ほど揺られ、いくつもの坂を下ると、旅館に到着します。

スリッパに履き替え、スタッフさんに案内された先でチェックイン。食事や帰りのバスの時間帯は、このとき決めました。旅館の説明を受けたあと、宿泊費の支払いをしました(予約をした時点でクレジット決済しておくことも可能です)。

受付の横には浴衣がずらりと並んでいて、好きなものを借りられます(私は面倒だったので借りませんでした)。

浴衣を着ている人はけっこう多く、普段着の人よりも多かった印象。外国人のお客さんはこぞって着てました。

いざ部屋へ

こちらの旅館は4階建てです。

一番上の4階に受付や食事をするカフェスペースがあり、そこからどんどん下へ降りていくことになります。

私の部屋は1階。ちなみに温泉は2階。

部屋のドアにはなぜか戦国武将の名前と絵が書いてあしました。なぜ……笑

部屋はオートロックです。ドアをかちりとしめれば、鍵も勝手にかかります。

で、肝心の部屋の様子はこんな感じ。

まず目に入ったのが、どでんと置かれた人をだめにするクッション

カフェスペースや途中の通路にもありましたが、部屋にも鎮座してます。

さらに入り口の右の押し入れを開けると、中には押し込まれた人をだめにするクッションが。

調子に乗って、しばらくクッションの上でくつろいでいました。

トイレは、入り口を入ってすぐ左、洗面所は部屋の奥の襖を開けた先にあります。

延長コードはテレビの下のかごに入っていました。

1日目・夕食

部屋で少し執筆活動をしたあと、夕食の時間になったので4階のカフェスペースへ。カウンターでスタッフさんに部屋番号を告げたあと、案内された間仕切りのあるこじんまりとしたスペースで待機。ここにも例のクッションが笑

1日目の夕食は、とんかつ定食でした。

肉は分厚く、歯ごたえがあってジューシーでした。

コーヒーが無料なので、このまま居座ってもいいかなあ、と思ったんですけど、結局部屋に戻りました。カフェは21時までしか注文できませんが、頼めばポットでコーヒーをもらうこともできるそうなので、その時間以降ものんびりカフェでくつろげます(カフェの利用は23時まで)。

温泉に浸かって1日目終了

20時過ぎに、温泉に入ってきました。

タイミングがよかったのか、ほかに人は誰もおらず、貸し切り状態。

湯船はそこまで大きくありませんが、利用者がほとんどいないので、のんびり浸かれます。

いやあ~、癒されます。

更衣室にはコインランドリーが設置されていました。お金を入れると使えるみたいです。

使用したタオルは、専用のかごが置いてあるのでその中に入れておけばOK。新しいタオルがほしい場合には、スタッフさんに伝えればよいみたいです。

お風呂のすぐ近くには、飲み物やお酒が売っている自販機がありました。

温泉で疲れを癒したあとは、部屋に戻って少し執筆をしました。

ところで、部屋の明かりは少し暗めです。私はあまり気にならなかったですが、明かりがもっとほしいという方は、卓上ライトをスタッフさんから借りるといいかもしれません。

2日目

2日目・朝食

起床、7時40分。朝食の時間が8時からだったので、慌てて身支度をしてカフェスペースへ行きました。

朝食はこちら。

小さな小鉢がいくつも並んでおり、とてもかわいらしかったです。

なかなか豪勢で、これが朝食か、と出てきたときにはびっくりしました。

2日目は丸1日時間があったので、ひたすら執筆活動に勤しみました。

2日目・昼食

ビバ、カレー!

そういえば、カフェのカウンターで男性客が、髭剃りがほしいとスタッフさんに伝えていました。どうやら部屋に置いてなかったようですが、スタッフさんに伝えればもらえるようですね。

2日目・夕食

から揚げ定食。うまい!

食事をしていると、スタッフさんが流ちょうな英語で電話してました。

すげえ、さすが旅館のスタッフさん……。外国語にも通じていないと大変だものね。

3日目

チェックアウトの時間が10時だったので、それまでちょろっと執筆して、そのまま帰りのバスに揺られ湯河原駅へ。

最後に

部屋にこもって原稿を進めるには最適な環境でした!

豪華な食事に、温泉付き、まさに至れり尽くせりです。

友人と一緒に来ていたら、もっと楽しかったかも……。

カフェスペースで楽し気に会話をしているほかのお客さんを見ていて、ふと思いました笑

トランプやUNOといったカードゲームや、オセロやチェス、囲碁など14種のボードゲームの貸し出しも行っているので、家族連れで来ても遊ぶものには困らないでしょう。

ひとりだとまったく関係ないサービスですが。

原稿も無事はかどり、なんとか締切に間に合うめどがつきました。

ただ、部屋のテレビをつけてしまうと、あっという間に時間を奪われてしまう可能性があるので、そこのところだけは注意です。

とても快適に過ごせたので、またそのうち利用したいな、と思います。

同人活動をしている方や、ライターさんにもおすすめです!

ちなみに余談ですが、こちらの宿、「原稿執筆パック」のほかにも「積ん読解消パック」といったユニークなプランが登場しているときもあるので、興味のある方はホームページをのぞいてみるといいかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました